金山の店舗型風俗店は面白いところが多い

名古屋は関西とは違うし、もちろん東京とも違う独特の文化圏ですよね。

名古屋人の気質というと、頑固なことが指摘されてしまうんですが、風俗に関しても独自の路線を歩んでいると私も思っています。

金山の風俗店は、その中でも割りに洗練された雰囲気があると私は思っているのですが、やっぱり名古屋だな~と感じることが多々あります。

まずは、よく言われる入場料というシステム。

これキャンパブとかピンサロ、そしてホテヘル、ファッションヘルスなどの店舗型風俗にある不思議なシステム。

通常料金以外に必ずこれが取られます。

最初から料金に入れておけばいいと思うんですが、なぜか頑固に続いていますね。

デリバリータイプの風俗店ではさすがに「入場料」というシステム自体が存在出来ないので、ないんですが、店舗型の風俗店でもなくせばいいのに・・・とかねてから思っています。

でも金山の店舗型風俗店は面白いところが多いのでついつい行ってしまうんですけどね。

私のようなヘビーユーザーは、入場料を入会金と改めてくれれば、一回払うだけでOKになるんですけどね。

金山のセクキャバでもっとも気に入っているのは、やはりチェーン店の「I」。

ここは、女の子の質がいいのでちょくちょく行ってます。

東京の人にはセクキャバというのはあまり馴染みがないかもしれませんね。

いわゆるおっぱいパブとかと一緒で、おさわりありのキャバクラという感じです。

もっと進んだサービスをしてくれる店もあるので、ピンサロに近い感じですね。